(English follows)

京都のアーティストランスペースsodaは、2020年10月10日、11日、12日の3日間に、3つの個展を同時に開催しました。

3つの個展とは、ひとつは、荒川医による「お金の引き金(複数の短いインタビューをもとに II)」、

もうひとつが、菅かおるによる「宙(そら)の深海」、そして、田中和人による「重力と光」となります。

これらの3つの個展は、それぞれが独立した展覧会として開催されますが、sodaの特異な展示空間において同時に展開される3つの展示を鑑賞者が自由に行き来することで、実験的な新しい鑑賞体験を提供する試みともなります。

 

Artist-run space soda (Kyoto, Japan) is pleased to announce 3 solo exhibitions,

Ei Arakawa ‘Money Triggers (after the short interviews II)', Kaoru Kan ‘Deep sea in the sky’, and Kazuhito Tanaka ‘Gravity and light’.

Each of the 3 exhibitions is individual show, but at the same time it is an attempt to provide new experimental viewing experience by allowing viewers to freely switch between the 3 shows simultaneously developed in soda’s unique space.

荒川医「お金の引き金(複数の短いインタビューをもとに II)」

菅かおる「宙の深海」

田中和人「重力と光」

2020/10/10(sat)、11(sun)、12(mon)  12:00  - 18:00

©soda 2020