NTSO横.jpg

アガタ・インガーデン Agata Ingarden 

1994年クラクフ(ポーランド)生まれ、パリ拠点。

エコール・デ・ボザール(パリ)を卒業し、2016年ニューヨークのクーパー・ユニオンで学ぶ。

人間科学、サイエンス・フィクション、神話の3分野での研究を中心に展開。インスタレーション、彫刻、ビデオなど、複数のメディアを扱う。

 

主な展示に、2021年、「Mo.Co Montpellier Contemporain」(Pavilion Gwangju Biennale、光州)、 「Fonderia Artistica」 (Battaglia Residency, ミラノ)、「 Future Generation Art Prize」 (Pinchuk Art Centre、キエフ)、2020年クンストラーハウス、ウイーン、Nassauischer Kunstverein Wiesbaden、Saint-Leger公園、「Future in Reverse, with Agnieszka Polska」( East Contemporary, ミラノ)「Friends and neighbors」( High Art, パリ) 「Ei」( Nassauischer Kunstverein Wiesbaden, ドイツ)「 Alles war klar」 (Künstlerhaus, ウィーン) 「Spirit of nature and other tales, 20th anniversary」( ING Polish Art Foundation Collection, ポーランド)「Liminal States」 (Kraupa-Tuskany Zeidler, ベルリン)、2019年、パレドトーキョー、パリ、Mo. Co Montpellier Contemporain、Frac Ile-de-France / Le Plateau、パリなど。

受賞歴にFuture Generation Art Prize(キエフ)。

アガタ2.jpeg