(English follows)

京都のアーティストランスペースsodaは、2020年10月10日、11日、12日の3日間に、3つの個展を同時に開催いたします。

 

3つの個展とは、ひとつは、荒川医による「お金の引き金(複数の短いインタビューをもとに II)」、

もうひとつが、菅かおるによる「宙(そら)の深海」、そして、田中和人による「重力と光」となります。

これらの3つの個展は、それぞれが独立した展覧会として開催されますが、sodaの特異な展示空間において同時に展開される3つの展示を鑑賞者が自由に行き来することで、実験的な新しい鑑賞体験を提供する試みともなります。

なお、本展覧会は、予約制となっており、事前にメールでの連絡が必要となります。

荒川医「お金の引き金(複数の短いインタビューをもとに II)」

菅かおる「宙の深海」

田中和人「重力と光」

2020年10月10日(土)、11日(日)、12日(月) の3日間

12:00  - 18:00

※ご予約はkazuletter@gmail.com までご連絡ください。

​※菅かおるの作品鑑賞に際しては、ご自身で梯子を登る必要があります。

 

会場:soda  〒604-8823   京都市中京区壬生松原町39-15 (上田荘1階ガレージ)

 

Artist-run space soda (Kyoto, Japan) is pleased to announce 3 solo exhibitions,

Ei Arakawa ‘Money Triggers (after the short interviews II)', Kaoru Kan ‘Deep sea in the sky’, and Kazuhito Tanaka ‘Gravity and light’.

Each of the 3 exhibitions is individual show, but at the same time it is an attempt to provide new experimental viewing experience by allowing viewers to freely switch between the 3 shows simultaneously developed in soda’s unique space.

 

*By appointment only.

 Please contact us to schedule your viewing by email.

 kazuletter@gmail.com

 

Ei Arakawa ‘Money Triggers (after the short interviews II)'

Kaoru Kan ‘Deep Sea in the Sky’

Kazuhito Tanaka ‘Gravity and light’

 

Oct 10th, 11th and 12th, 2020  12:00 - 18:00 (By appointment only)

soda  39-15 Matsubara-cho Mibu Nakagyo-ku Kyoto 604-8823 Japan

Contact:    soda   Kazuhito Tanaka  kazuletter@gmail.com     

Image: Ei Arakawa 'Money Triggers'

荒川医「お金の引き金(複数の短いインタビューをもとに II)」

荒川医(あらかわ えい)は、コロナ禍の中にあって「お金」とは何かを改めて問いなおします。荒川は、8月に滞在先のドイツでの自己隔離期間の2週間を利用して、1日1人ずつ計14人の日本人アーティストにZOOMを使って「お金」についてのインタビュー(※)を行いました。本展覧会では、そのインタビューをもとに荒川が制作した新作が展示されます。

 

※インタビューにご協力ありがとうございました!

 青木真莉子、厚地朋子、有馬かおる、出津京子、榎本耕一、

 菅かおる、清水将吾、田中和人、玉山拓郎、豊嶋康子、花代、

 向井麻理、森田浩彰、山本篤

Ei Arakawa ‘Money Triggers (after the short interviews II)'

For this exhibition Arakawa had interviews with 14 Japanese artists from Germany using ZOOM about “money” during his semi-quarantined weeks in August. And the song based on these interviews will be shown at soda. Arakawa is asking us “what does money mean to you?” through the song and the installation under Covid-19 pandemic.

Special thanks for the interviews: Aoki Marico, Arima Kaoru, Atsuchi Tomoko, Enomoto Koichi, Hanayo, Idetsu Kyoko, Kan Kaoru, Morita Hiroaki, Mukai Mari, Shimizu Shogo, Tamayama Takuro,

Tanaka Kazuhito, Toyoshima Yasuko, Yamamoto Atsushi

Image: Kaoru Kan 'Origin(Rhythm)'

菅かおる「宙(そら)の深海」

菅かおる(かん かおる)は、soda内に新設された、空中に浮かぶ不思議な小スペースでの初めての展示を 行います。菅は、この小空間に茶室の概念を引用し、作品と鑑賞者の対峙を促します。 空中に隔離された空間では、深海をテーマにした絵画作品が展示されます。そこでは、宇宙と深海の親和性 が示唆され、生命の根源とはという問いが投げかけられます。

​※菅かおるの作品鑑賞に際しては、ご自身で梯子を登る必要があります。

 

Kaoru Kan ‘Deep Sea in the Sky’

Kan will show her works in newly built mysterious small room floating in the air in soda.

Kan appropriates the concept of Japanese tea ceremony room (Cha-shitsu) to this small room and lets the viewers sit face to face to her painting. Kan’s paintings are suggesting the affinity between universe and deep sea, and asking where the origins of life come from.

Image:  Kazuhito Tanaka  'PP #26' (2020)

田中和人「重力と光」

田中和人(たなか かずひと)は、絵画と写真を同一平面上に共存させたシリーズ「PP」の最新作を発表します。

ここでは、絵画を重力、写真を光と捉え、重力と光が均衡する揺らぎの中に、新しい抽象表現の可能性を探求します。sodaの空間を生かした大サイズの新作が展示されます。

Kazuhito Tanaka ‘Gravity and Light’

Tanaka is showing his new works from his latest series ‘PP’ trying to make photography

and painting coexist on one plane. Here Tanaka sees the painting as ‘gravity’ and the photography as ‘light’ , and in their balanced fluctuations he will find new possibilities of abstract expression.

Large scale works using soda’s unique spaces will be shown.

©soda 2020