‘Photographs by 7 Painters’ 「画家の写真展」

Paintings and Photographs.

In the history of art, there are many cases of well known painters who have created stunning photographic works in parallel with their paintings.

For example, photographs by Cy Twombly or Ellsworth Kelly.

Their photographic works are not preparations for their paintings. Instead, the photographs are successful, independent expressions as photographic works, and yet clearly show their visions of painting at the same time.

Sometimes intimate and other times isolated, the mysterious relationship between painting and photography has been fluctuating since the birth of photography.

Although each painter might have a unique reaction, in this contemporary society filled with more photos than ever, no living painters can be free from considering this relationship. 

This exhibition invites contemporary painters to make photo-based artworks instead of their usual medium. These painters have never shown their photos as their own artwork in their careers.

Today, contemporary photo artists paradoxically tend to explore the nature of photography by detaching themselves from straight photographic expression.

We are anticipating that the photographs by these painters will show us fresh and different possibilities of photography.

What do their photographs look like? Can we find the essences of their paintings in their photographs? Or we will see completely different visions from their paintings?

Here, the painters shed a new light on photography.

絵画と写真。

歴史上に画家として輝くアーティストたちが、絵画と並行して「写真作品」を残してきた例は少なくない。

例えば、サイ・トゥオンブリーやエルズワース・ケリーの写真。

彼らの写真は、絵画制作のための資料としてでなく、独立した写真作品としての表現に成功しつつ、同時に彼らの絵画のもつヴィジョンを明確に表している。

絵画と写真の親密でありつつ隔てられた不思議な関係性は、写真の誕生以来複雑に揺れ動いてきた。

そして、写真がこれまでになく身の回りに溢れているこの現代社会の中で、現代の画家においても、角度の違いこそあれ、その関係性に無縁である者はいないであろう。

そんな中で、画家たちに、絵画ではなく、あえて「写真作品」を制作してもらおう、というのがこの展覧会だ。

この展覧会に参加する画家たちは、これまで意図的に写真を「作品」として発表したことはない。

彼らの作る写真とはいったいどんなものだろうか? そこには絵画のエッセンスの発見があるのか。絵画とはまったく別のヴィジョンが現れてくるのか。

現代写真が、ストレートな写真表現から離れることで、逆説的に写真の本質に迫ろうとする動きが多い中で、画家の制作する写真が、それとは別の新鮮な光で写真の可能性を見せてくれるのではないか、と予感するのだ。

ここに、画家が写真を照射する。

10, 11, 12 Nov, 2018  12:00 - 19:00  @ soda, Kyoto, Japan

Curation : Kazuhito Tanaka (soda)

Artists : Tomoko Atsuchi / Koichi Enomoto / Satoshi Ohno / Ryosuke Ogino / Kazuyuki Takezaki / Yu Nishimura / Yui Yaegashi

Talk event : 10 Nov, 2018 17:00-

                    Artists + Fumiko Nakamura (Curator) + Kazuhito Tanaka (soda)

Cooperation : KAYOKOYUKI / TOMIO KOYAMA GALLERY / Maki Fine Arts / MISAKO & ROSEN / TARO NASU / taimatz

日時:2018年11月10日 (土), 11日(日), 12日 (月)  12:00 - 19:00  *入場無料

会場:soda 企画:田中和人 (soda)

参加作家:厚地朋子  榎本耕一  大野智史  荻野僚介  竹崎和征  西村有  八重樫ゆい

トーク:11月10日 (土) 17:00 - *入場無料 参加作家 + ゲスト 中村史子氏(愛知県美術館学芸員)+ 田中和人 (soda)

協力:KAYOKOYUKI / TOMIO KOYAMA GALLERY / Maki Fine Arts / MISAKO & ROSEN / TARO NASU / taimatz