S/F - Photography, or a Monolith after 200 years -    

In the science fiction “2001: A Space Odyssey,” a mysterious object, the Monolith appears.

The Monolith promotes the evolution of mankind from ape to humans through the invisible power that the huge vertical slab produces.

In 2019, our real world society is in turmoil as if it is under the influence of the Monolith, which should exist only in Sci-Fi.

We who became humans from the ape, now seem to progress towards our extinction. What is the meaning of evolution?

It has been about 200 years since photography began recording our world on small slab-like plates.

In this exhibition, artists from around the world present their unique Sci-Fi visions in new lights through photography.

Here in this world where reality and fiction are crossing and spinning, these artists create photography as a Monolith after 200 years. 

.

S/F   -写真、あるいは、200年後のモノリス-    

S F「2001年宇宙の旅」に登場する謎の物体「モノリス」。その板状の物質から発せられる目に見えない力がサルから人類への進化を促進したと言われる。

2019年。この現実世界は、まるでSFの中にしか存在しないはずの「モノリス」の影響下にあるように揺れ動いている。

サルからヒトになった人類は、ヒトそのものを破滅へと向かわせているようにさえ見える。   進化とはなにか?

写真が誕生してから約200年。写真は世界を板状の物質に記録し続けてきた。

この展覧会では、世界の各地から集まったアーティストが写真を通じて、それぞれの観点から、それぞれのSFを提示する。フィクションと現実が交差し回転するこの世界で。200年後のモノリスとして。

.

Tomoo Arakawa 荒川 智雄           

CFGNY シー・エフ・ジー・エヌ・ワイ

Ilya Lipkin イリヤ・リプキン     

Jason Loebs ジェイソン・ローブス

Yuri Pattison ユリ・パティソン

Hikaru Suzuki 鈴木 光

Kazuhito Tanaka 田中 和人

Sung Tieu スン・テウ

Anicka Yi アニカ・イ

.

Date

2019 6/1 - 6/30    opening reception  6/1 - 18:00-20:00

open Wed. to Sat. noon-7pm,  Sun. noon-5pm closed on Mon., Tue.

水~土  12:00-19:00   日 12:00-17:00  定休日   月・火

.Venue ※ 6/1からの本展覧会は東京KAYOKOYUKIで開催されます。

KAYOKOYUKI  2-14-14 Komagome, Toshima-ku, Tokyo 170-0003 Japan    東京都 豊島区 駒込 2-14-14   

.Curation   Tomoo Arakawa + Kazuhito Tanaka

.Organized by  KAYOKOYUKI + soda