NTSO横.jpg
image_6487327.JPG

岡田理 Shizuka Okada

1987年群馬県生まれ。

2010年武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科を卒業後、13年~17年 国立造形芸術大学シュテーデルシューレ(フランクフルト)に在籍。動物や植物、抽象の入り混じったセラミックのオブジェを制作し、日本、ドイツを中心に発表。2021年より京都にて制作を行う。

 

これまでの主な展覧会に「Artist Running Festival」(グループ展、XYZ collective、東京/2020)、「細くて長い私の笛」(個展、fig.、東京/2018)、「ヘレン・アット・ザ・マウンテン」企画アン・イーストマン/落合多武(グループ展、てつおのガレージ、日光/2018)、「after the small hours」(個展、UTRECHT、東京/2017)、「Landhaus Schwerte Ergste」(グループ展、New Bretagne Belle Air、エッセン/2015)、「何があっても/何もなくても」(個展、小山登美夫ギャラリー京都/2012)